手島圭三郎

1935年紋別市生まれ。北海道教育大学卒業。教員を経て版画家として独立。江別市在住
日本版画協会会員、全道展会員。北海道版画協会会員

絵本の世界を版画絵で表現する手法を開拓し、1982年「しまふくろうのみずうみ」でデビュー。

サイズについて全紙(750x570)、三々(630x480)、大衣(530x420)、四ツ(450x370)、太子(400x310)、八ツ(330x270)、インチ(280x230)→額縁のサイズで多少棹の太さで変わります。
色についても現物によってそれぞれ異なります。
P1010135 P1010136 P1010137
16.月の湖シリーズ(2)
四ツ
17.月の湖シリーズ(3)
四ツ
18.月の湖シリーズ(1)
四ツ
P1010280 P1010281 P1010283
19.湖の古木シリーズ(3)
全紙
20.湖の古木シリーズ(4)
全紙
21.月の湖(2)
全紙
P1010285 P1010286 P1010287
22.月の湖(1)
大衣
23.月の湖(2)
大衣
24.月の湖(3)
大衣
P1010288 P1010289 P2110056
25.星空
八ツ
26.冬の日
八ツ
27.月の湖(3)
八ツ
P2110057 P2110058 P2110059
28.月の湖(5)
八ツ
29.月の湖(1)
八ツ
30.たそがれ
四ツ